Escena Senorita

演劇ユニット エスセナ・セニョリータのBLOGです。
エスセニョの日常生活から公演最新情報まで、
リアルタイムに更新しています!
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 劇団P.O.D.さんの公演 | main | ミーティングでムシャムシャ >>

音楽制作、裏話・・・。

まず、今回の音楽製作において始めに安田師匠より

私達弟子にミッションが与えられました。 

それは、

"安田さんが作ったクロノスのメインテーマのメロディをそれぞれの曲に使う"こと。

 

デモ曲を聴かせていただいたのが1月、それから作曲作業にかかりました。

今回は全部で4曲製作いたしましたが、うち2曲はピアノ版のアレンジを変えただけなので実質的には2曲。その2曲ともにクロノスのテーマのメロディをガッツリ使っています。

ピアノ曲の方はAメロと言われる冒頭部分、シックブーケにタンクローリーが突っ込む回想シーンで流れた曲の方はメインテーマのメインメロディだけではなく伴奏部分も取り入れてます。

 

 

今回のような「一つのメロディをアレンジを変えて流用する」という手法は、実は前回のエスセナの公演「LOVE30」でも使いました。

LOVE30の上演開始直後に流れたメインテーマのメロディを各幕間に流れる曲にも使っています。

同じフレーズを使うことにより全体の統一感が出てフレーズが耳に残る=メインテーマがより印象に残るように。エスセナでのこの経験が、今回クロノスの作曲作業にも生かされた形となりました。

 

でも、エスセナの時はメインテーマの作曲から始まり全くのゼロからのスタートでしたが、今回はメインテーマは安田さんが作ってくださっている。その為流用するメロディを考える手間が省け、エスセナの時よりスムーズにできました。

何より楽しかった!私ならこの曲をどうアレンジする?と、自分への挑戦でもあり、曲を通して自分の色を出す技術を磨く練習にもなりました。

 

クロノスがギリシャ神話の神ということで、安田師匠のクロノスのメインテーマは地中海〜ケルトっぽく、また馬頭琴を使い民族音楽の雰囲気を出しています。

なので私も激しい曲の方はテクノと北欧楽器の融合を…と思いましたが力及ばず…。それはこれからの自分への課題にしますw

そしてピアノの打ち込みが非常に面倒臭い!私は全て打ち込みで作ってますが、楽器弾けるなら弾いた方が早い!でも私は楽器は一切弾けない…これも課題、なのかな。

 

さーーて!ここまで読んでくださった方、その音楽が気になりませんか!?

私だけではなく、安田師匠の音楽、そして弟子1号の有山さん、弟子4号の藤田さんが作った音楽!それら全て収められたCDは、なななんと!劇団P.O.D.さんのオフィシャルサイトにて絶賛販売中!

さらに嬉しい特典!今ならボーナストラックも付いてくる!気になった方は是非ともご購入を〜!

http://www.pod-world.com/

 

山崎@せめてピアノが弾けるようになりたい



外部公演参加情報 | comments(2)

この記事に対するコメント

よくできました!はなまるちゃんです!(笑)

あそこまで使い倒してもらえるとは思ってませんでした。私も楽しませていただきました。

いつか弟子達と音楽祭で、万葉集バトルロワイヤル対決するのが夢です。(^^)

また一緒に楽しーことしましょー!

とりあえず次は、音楽スタッフ打ち上げですね!
お待ちしておりまーす!(^_−)−☆
安田3号 | 2018/03/16 12:38 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2018/03/21 12:03 AM
コメントする